動画編集

初心者から動画編集の仕事を獲得する手順

初心者は動画編集の仕事を獲得できるの?受注できるの?と、思われている方は多くいるでしょう。

初めは何事も不安ですよね。

でも安心してください。

本記事では、「初心者が仕事を獲得するまでに必要なもの」と「獲得するまでにすべきこと」を紹介します。

あなたの役に立つ情報が書かれているので、参考にしてください。

初心者でも応募できる動画編集の仕事はあるのか

初心者 動画編集

初心者向けに動画編集の仕事を募集しているところは多い

①クラウドソーシング

②求人サイト

③SNS

④企業のホームページ

①②③は、初心者向けに動画編集の仕事を発注しているところがあります

特にクラウドソーシングに多いです。

実は、副業の一つとしても有名な動画編集の業界では、需要に反して人の供給が足りていません

そのため、初心者でも契約してもらえる仕事が多くあります。

また、アルバイトやパートであれば、初心者を雇って成長させるという考えの企業もあります。

3つとは違い、稀ですが、④企業のホームページに「動画編集者募集」と記載されています。

企業のSNSで発信していることもあるので、時間があればご覧になってください。

指定がなければ原則応募できる

まず、初心者が仕事を応募することに何の問題もありません

仕事内容に「Premiere Pro使える人」や「1年以上の経験がある人」など、追加情報がなければ応募できます。

動画編集に質を求めるクライアントもいれば、量を求めるクライアントもいるので、初心者でもできる動画編集の仕事は多くあります。

気軽に応募してみましょう。

初心者が動画編集の仕事を獲得する前に準備したほうがいいもの

動画編集 初心者

動画編集の仕事を始める前に、事前に準備しておきたいモノを紹介します

後々「これが足りない」となってしまっては面倒なので、今から紹介するモノは早めに揃えておきましょう。

動画編集のスキル

まず、初心者は動画編集スキルを知っておかなければなりません。

〈初心者に必要な4つのスキル〉


1⃣カット 2⃣テロップ 3⃣音楽挿入 4⃣効果音挿入

まずここを覚えられたら、仕事の幅が広がるので、初心者でも仕事を受けやすくなります

動画編集のスキルを身につけよう

最低限の動画編集スキルであれば、わざわざ高いお金を支払ってスクールに通う必要はありません

将来本格的に始め、独立する覚悟があれば通うことをおすすめします。

〈動画編集スキルを身につける3つの方法〉


1⃣経験を積む 2⃣インターネット 3⃣読書

初心者のスキルは比較的早く学ぶことができます。

副業の中でも参入障壁は低いほうです

インターネット(情報の信憑性が高いのは書籍)で勉強を並行し、クラウドソーシングで経験を積むのが一番手っ取り早い方法です。

動画編集のために必須なもの

①パソコン

スマホではダメなのかと思われる方もおられますが、圧倒的にパソコンをおすすめします。

スマホでできないこともないのですが、動画編集は多くの容量が必要です。

スマホで動画編集すると容量に耐え切れず、突然落ちてしまう恐れがあります。

面倒ごとを起こさないためにも、パソコンを買うほうがいいでしょう。

初心者であれば、最初から高価なパソコンを買う必要はありません。

できるだけリーズナブルな価格のもので構いません

高価なものは「編集スキルが上がり、報酬分で買う」のように、目標にしてみてはいかがでしょうか。

②外付けHDD

外付けHDDは必須です。

「パソコンだけでも大丈夫じゃない?」と思われるかもしれませんが、仕事をしていくうちに必ず重くなっていきます。

HDDをつけると、容量を増やせるほか必要なデータも取り込めるので、快適に動画編集をすることが可能です。

おすすめの選択基準は「どこでも持ち運び可能」「ハードディスクの容量」です。

文書ファイルや写真など小さいデータであれば、500GB~1TB

動画編集では、高解像の動画を多くストックするので4TB以上の物がおすすめです

初心者が動画編集の仕事を獲得するまでの具体的な流れ

ここまで動画編集の仕事を獲得するまでに、必要なことを紹介してきました。

ここでは簡単に初心者が動画編集の仕事を獲得する手順を紹介します

①動画編集の仕事を始める前に必要なもの

動画編集のスキルを学ぶ前に、動画編集に必要な物を揃えておきましょう。

いざ学ぶときに「あれが足りない」となっては面倒ですし、集中も切れてしまいます。

必要なものチェック

〇パソコン

〇マウス

〇外付けHDD

〇通信環境(一番大事)

初めから高価なものをそろえる必要はありません。

リーズナブルな価格から試し、慣れてきたころに自分に合ったものを買いましょう。

物以外に環境にも気を遣ってください。

つながりが早いWi-Fiのある環境が望ましいです。

②動画編集に必要なスキルを知る・身につける

動画編集に必要なスキルは最低4つ。

〇カット

〇テロップ

〇音楽挿入

〇効果音挿入

これらの基礎応用は、YouTubeやインターネット上に載っています。

十分に学べることがあるので、是非ご自身で調べてみてください。

心配な方は本を購入するといいです

スクールに通うよりもはるかに安価で、情報もしっかりしています。

調べる時間がもったいないと思う方は、クラウドソーシングで修正してもらえる動画編集の仕事を受けてみましょう。

③とにかく仕事の応募をする

やはりクラウドソーシング以外では、優秀な人材を求めていることが多いです。

なので、初めは仕事を獲得するのに時間がかかってしまうかもしれません。

ですが、そこで諦めてはいけません。

試行錯誤を繰り返して何度も挑戦しましょう

初心者の方でも仕事を獲得する方法は数多くあります。

初心者が不安に感じるのは当然です。

ですが、全てのスキルを学んでから実践するのは、あまりにも時間がかかりすぎてしまいます。

まずは1つ仕事を獲得するのがスタートです。

参考記事:未経験から動画編集で稼ぐ手順とは?案件獲得方法まで詳しく解説

合わせて読みたい記事