動画編集

動画編集なら未経験でも在宅で仕事ができる

未経験から動画編集を始めたいけど何をすればいいのか

動画編集未経験でも在宅の仕事ってあるのかな

在宅でできる動画編集はどこで探すんだろう

この記事にたどり着いた方はこんな風に思われているのではないでしょうか。

本記事では、未経験の動画編集者が在宅で仕事ができるのかと未経験の動画編集の仕事の探し方をを解説していきます。

結論から言うと、動画編集は未経験でも在宅で仕事ができます。

仕事をするために必要なスキルを獲得するのは、そんなに難しい話ではありません。

「最初から高クオリティを求められるのでは?」と気負う必要はないです。

「未経験可」の案件も多く、やっていくうちに実績とともにスキルも成長するので、未経験でも問題なく始められます。

未経験でも在宅で動画編集の仕事ができる理由

動画編集 未経験

スマホの普及と5Gの到来で需要が高い

これは、単純に動画編集の需要が高いことが挙げられます

現在はスマホで誰でも簡単にキレイに動画を撮ることができます。

日本では、2019年にスマホの普及率がなんと8割を超えています。

それと同時に、動画編集の仕事が増えてきているのです。

また、風景や旅行など景色のみの動画は、言語が必要ないので世界中の人が見ることができます。

ターゲットが広いのも需要が高いことの一つです。

さらに5Gの到来で、ますます動画編集の需要は高くなるでしょう。

若い世代には、テレビよりもYouTubeを観る人の方がが多い印象があります。

ただ始めるにしても、まったく動画編集の知識がないのに、闇雲に探すわけにもいきません。

なので、未経験の人が学ぶ必要のある最低限の動画編集スキルを紹介します。

最低限の動画編集スキルは簡単に学べる

 未経験の動画編集者に必要なスキルは以下3つです。

カット・トリミングテロップ入れ音楽の挿入

もちろん、スキルは多ければ多いほどいいですが、この3つがあれば仕事はできます。

さらに、このスキルを学ぶのもすごく労力がかかるわけでもありません。

インターネットを使えば、独学でも十分に学ぶことができます。

少なからず、この記事を読んでいる時点で学習意欲は高いです。

上記3つのスキルを学んで、是非お仕事に活かしてください。

また、本格的に動画編集を仕事にしたいということなら、スクールがおすすめです。

スクールでは、プロの講師がいたり実践的な内容を学べたりするので、基礎から専門まで体系的に覚えられます。

在宅で始めるならすぐに始めるべき

正直まだ不安で迷っている方は、早めに決心したほうがいいです。

動画編集はこれからも需要が高まりますし、「在宅」は場所にとらわれない働き方。

つまり、全国各地の人がライバルになります。

みなさんのような人が全国各地で増えるので、なるべく早くはじめることをおすすめします。

未経験の人が在宅で動画編集の仕事をするには

未経験 動画編集

未経験の人は仕事をする前に、「何をどうしたらいいのかわからない」と不安だと思います。

ここでは、未経験の動画編集者が仕事を探す方法と流れを簡単に紹介します。

動画編集未経験の人が在宅で仕事をする方法

クラウドソーシングサービスに登録

クラウドワークス」と「ランサーズ」、まず初心者はこの2つに登録必須です。

初心者歓迎」「未経験OK」の案件も多く、もちろん保どんど在宅ワークです。

未経験だと相場は、1000円から5000円までの案件が多く見受けられます。

また、この2つのクラウドソーシングは「こっちの方がいい」というのはありません。

単純に、2つに登録することによって触れることができる案件の数が倍になるので両方登録しておきましょう。

その他に、SNSや求人サイトを使う手もありますが、クラウドソーシングの仮払いのシステムから考えると、未経験や初心者にはクラウドソーシングがおすすめです。

Twitterなどで案件を探すのは、案件を見分ける目を養ってからにしましょう。

未経験の動画編集者におすすめの案件とは

案件を探すときによくあるのが、案件が豊富すぎて迷ってしまうことです。

未経験や初心者におすすめなのはYouTube関連の案件です。

未経験向けの案件で最も数が多く、実績を積みやすいです。

複数人募集や継続案件もあるので、未経験の人が慣れるのにちょうどいい案件です。

提案から納品まで動画編集の4つのステップ

①提案

未経験の人はここが一番大変かもしれません。

他のステップはとにかくやるだけですが、「提案」には根気が必要となります。

なぜなら、未経験の人は実績がないため、なかなか契約にならないからです。

そんな時は、提案文を改善しましょう。

クライアントが「こんな人と仕事がしたいんだろうな」と想像して、何度も試行錯誤してください。

注意点ですが、提案文には絶対に「未経験です」と書いてはいけません。

もしあなたがクライアントだった場合、未経験の人より、ある程度知識のある方に仕事を任せたいと思いませんか?

嘘はいけませんが、わざわざ自分の弱みをアピールする必要はありません。

クライアントの心をつかむ魅力的な提案文を心がけましょう。

②受注/テスト

提案後は特にすることはなく、クライアントから連絡を待つのみです。

案件によってすぐ決まったり、募集期間終了後に決まったりするので、その間は他の案件に応募しましょう。

また、受注の前にテストを受けることもあります。

1本〇〇円でテストをし、合格すれば数本分契約をする案件もあります。

③作業開始

契約できれば、いよいよ作業開始です。

動画の素材やターゲット、クライアントの要望と編集の進め方を確認をしてはじめます。

後々問題にならないよう不明点は事前に質問しておきましょう。

④納品

作業が終われば納品です。最終確認で、クライアントのOKがもらえれば終了となります。

良い作品を制作すれば、継続案件になる可能性もあります。

仕事ですので最後まで手を抜かず、相手の期待を上回るような作品を目標に頑張りましょう。

参考記事:動画編集を学べば未経験からでも在宅で稼げる理由

合わせて読みたい記事