動画編集

【初心者向け】動画編集の効果的な勉強方法とは?

効率的な動画編集の勉強方法とは?

動画編集 勉強法

今回紹介する初心者のための動画編集の勉強法は以下の3つです。

  1. スクールで勉強する方法
  2. 動画教材で勉強する方法
  3. 本で勉強する方法

結論から言うと、スクールで勉強する方が挫折せずにスキルを習得できるのでおすすめです。

それでは詳しく解説していきます。

スクールで勉強する

スクールとは、オンライン講座などと違って、メンターがついていたり、一つのスキルだけを伸ばすのではなく動画編集において、必要なスキルを網羅的に学べる勉強法です

また、実際の案件獲得をイメージしたカリキュラムが特徴です。

動画教材で勉強する

動画教材とは有料のオンライン教材やYoutubeなどで公開されている教材のことです。

動画編集は一つだけのソフトを扱うわけではないので、さまざまなソフトを扱うスキルが必要です。

動画教材は、多くの場合に、一つのスキルについて括られていることが多いので、

スキルを1つずつ学ぶことができます。

本で勉強する

本で学習するというのは、言葉通り、動画編集についての本を購入し、

それに沿って学習をする方法です。

ペーパー学習が好きという人は、オンライン上で勉強をするだけではなく、

参考書や動画編集にまつわる教科書を購入して勉強することもできます。

動画編集をスクールで勉強するメリットとは?

動画編集 スクール

スクールで勉強するメリットは以下の通りです。

  1. 挫折する可能性が低い
  2. 常に更新されたカリキュラム

スクールで学習するメリットは主にこの2つです。

挫折する可能性が低い

初心者が動画編集の勉強をはじめるとき一番避けたいことは、途中でやめてしまうことです。

スクールで学習すれば、メンターとの進捗確認などをすることによって、

自分をやらざるを得ない環境に置くことができます。

常に更新されたカリキュラム

スクールで学習するもう一つのメリットは、常にカリキュラムが更新されるところです。

オンライン講座などで、学習をした場合に想定される問題は、ソフトのバージョンがすでに更新されているのにも関わらず、講座内容が対応していないことです

スクールで学習すれば常に最新の情報での学習ができます。

動画編集をスクールで勉強するデメリットとは?

スクールで学習するデメリットは以下の通りです。

  1. 金額が高い
  2. 通学の場合もある

スクールで学習する主なデメリットがこの2つです。

金額が高い

やはり、スクールで学習するのは、他の方法に比べて金額が高くなってしまうことが多いです。

ですが、スクールでの勉強は、お金を稼ぐための勉強です

いずれ自分に返ってくるお金なので、自己投資と考えて受講しましょう!

通学の場合もある

数あるスクールの中には、通学しなければならないものもあります。

時間がない人や、距離的に通うのが難しい人は、通学タイプのスクールはあまり向きません。

ですが、通学タイプのスクールに通うことができれば、動画編集のスキルを身につけながら、

同じ目的を持った仲間と出会えるので、一石二鳥です。

また、オンラインタイプのスクールも充実しているので、通えない人はそちらを選びましょう。

動画編集を動画教材で勉強するメリットとは?

動画教材で勉強するメリットは以下の通りです。

  • 手軽にはじめられる

解説します。

動画教材で学ぶ一番の強みはお手軽にはじめられるところです。

Udemyなどのオンライン講座でも、セール時を狙えばかなりリーズナブルな価格で講座を受けることができます。

それ以外にも、Youtubeで公開されている、動画編集講座で学べば、コストゼロで学習することができます。

動画編集はパソコン以外にもソフトでお金がかかるので、

学習でコストカットできるのはメリットです。

動画編集を動画教材で勉強するデメリットとは?

動画編集を動画教材で勉強するデメリットは以下の通りです。

  • 学べる内容が網羅的ではない
  • メンターサポートがない

デメリットは主にこの2つです。

学べる内容が網羅的ではない

動画編集を動画教材で学んだ場合、内容を細かくきって学ぶことになります。

動画編集は数個のソフトを組み合わせて、使うことによって、市場価値の高い動画編集をすることができます。

ですが、オンライン講座は多くの場合、一つのソフトに特化して、教えていることがほとんどです。

また、他のソフトの学習を別の方の講座で学習することになるので、教え方の違いなどから、

学習のつながりを意識することが難しいです。

メンターサポートがない

2つ目のデメリットはメンターサポートがないところです。

メンターサポートを受けることによって、疑問解決ができるだけではなく、挫折しそうになった場合に背中をあとお押ししてくれるので、挫折しにくいです。

初学者はつまずきが多かったり、稼いでいるところをイメージできなくて、諦める可能性が高いので、そういったサポートがないのは大きなデメリットと考えることができます。

動画編集を本で勉強するメリットとは?

動画編集を動画教材で勉強するデメリットは以下の通りです。

  • ペーパー学習ができる

解説します。

ほとんどの人が学校でペーパー学習をして、育ちました。

動画編集の勉強も本を使ってを勉強すれば、ペーパー学習ができます。

本を使えば、実際に教材を手に持つことができるので、モチベーションが上がる人もいるのではないでしょうか。

また付箋や書き込みをすることによって、

勉強していることを実感することができるところがメリットです。

動画編集を本で勉強するデメリットとは?

動画編集を動画教材で勉強するデメリットは以下の通りです。

  • 文字だけではイメージしにくい
  • メンターサポートがない

デメリットは主にこの2つです。

文字だけではイメージしにくい

本で学習する一番のデメリットはイメージがしにくいところです。

動画編集は映像を扱うものなので、映像をイメージすることがとても大切になります。

ですが、本で学習をした場合、挿絵があったとしても、実際に映像が動いているところを確認することは難しいため、おすすめできません。

メンターサポートがない

2つ目のデメリットはオンライン講座と同じのメンターサポートがないところです。

やはりメンターサポートは動画編集を完全未経験な方にとってとても大切なので、

それがない、本での学習は基礎知識のない方にとっては向かないと思います。

動画編集のおすすめの勉強方法は?

やはり一番おすすめできる勉強方法はスクールを受講することです。

メンターサポートで挫折せずに完走することも可能ですし、オンラインタイプのスクールに通えば、

ソフトのバージョンなどを気にせず、最新の教育を受けることができます。

また、金額は確かに高いのですが、実際に案件をこなすようになれば、投資した以上の金額が自分に返ってくるので、費用対効果は高いと思います。

もし今、スクールに投資できるお金があるのなら、躊躇せず、自分に合うスクールを受講することをおすすめします。

参考記事:【始め方】初心者が副業をして動画編集で稼ぐ手順

合わせて読みたい記事