動画編集

動画編集の仕事でおすすめのソフトとは?パソコンのスペックも解説

副業・仕事で必須の動画編集ソフトとは?

副業 動画編集ソフト

動画編集を副業として行う際に必要になるソフトは以下の通りです。

  1. Adobe Premiere pro
  2. Adobe Photoshop
  3. Adobe Illustrator
  4. Adobe After Effects

高い性能を持ち合わせた動画編集用のソフトはこの他にも、有料のもの、無料のもの、

ともにたくさんあります。

ですが、自分用の動画ではなく、動画編集の案件を請け負う場合は少なくとも、Adobe Premiere Pro を使うことが必須になります。

その理由としては、Adobe Premiere Pro の機能の幅広さと、シェア率にあります。

すでに多くの人がAdobe Premiere Proを使って編集をしているので、誰かの編集を参考にするときや、疑問点があったときに、解決策を簡単に見つけれるからです。

Adobe Premiere Proは確かに機能性がかなり高いのですが、他のAdobeソフトと組み合わせることによってさらに、自由な編集を行うことができます。

Adobe Premiere pro 

Adobe Premiere Pro は主に動画編集をするときに使います。

できることは以下の通りです。

  • カット

動画のカットを行うこと

  • 文字入れ

動画に字幕やテロップを入れること

  • 色補正

動画の色合いを変えること

  • 音量調整

動画の音量ボリュームを変えること

  • トランジション

動画の場面間でのエフェクトのこと

  • 動画ファイルへの書き出し

動画をアップロードできるファイルに変換すること

Adobe Photoshop 

Adobe Photoshopは動画に入れるための画像の、

編集・加工・合成するために使います。

できることは以下の通りです。

  • 複数の写真の合成

複数の写真を組み合わせること

  • 写真に文字を入れる

写真の説明などの文字を入れること

  • 傾きやパースの変更

撮るときに傾いて撮ってしまった写真の角度を直すこと

  • 写真の明るさや色味の調整

暗く撮ってしまった写真や、写真をより鮮やかにすること

  • 写真に写ってしまった不要なものを消す

写真に写っている人やものを消すこと

Adobe Illustrator 200

Adobe Illustratorは主に動画にイラストを入れるとき使います。

できることは以下の通りです。

  • 図形が作れる

さまざまな図形が作れます

  • デザインの線が作れる

単純な→のようなものだけでなく、

カスタマイズしてオリジナルなものが作れます

  • 文字をロゴにできる

どんなテキストも装飾すれば、

ロゴのように仕上げることができます

  • ロゴが作れる

文字のロゴに限らず、図形に装飾をつけて、

クリエイティブなロゴが作れます

  • 絵を描くことができる

図形に限らず、自由に絵を描くこともできます

Adobe After Effects 

Adobe After Effectsは主に動画にアニメーションを入れるとき使います。

できることは以下の通りです。

  • 映像加工

全般的な加工

  • モーショングラフィック

文字や図形に動きや音をつけること

  • アニメーション

イラストや写真を動かすこと

  • トラッキング

動いている人の顔などにモザイクをかけるなど、決まった部分を追跡して編集する機能のこと

動画編集に必要なパソコンのスペックとは?

動画編集 スペック

動画編集において、推奨されているパソコンのスペックは以下のように言われています。

CPU最新のCore i7
メモリ16GB
ストレージ SSD/HDD256GB/1TB

動画編集ソフトは、上記のスペックよりも低くても動作するのですが、

動作が重くなったり、処理に時間がかかったりします。

動画編集に限らずな話ですが、スペックの低いパソコンを使って、

パソコンの動きが重くなるというのは、効率面でみても、ストレスを避ける面でみても、

オススメできません。

補足なのですが、

CPUは、最新のCore i5でも良いと言われていますが、

Youtuberの動画編集をすると想定した場合、 Core i7が一番良いとされています。

メモリはどこの情報を見ても最低16GBは必要とされています。

ストレージはSSDとHDDがどっちも搭載されている、デュアルストレージが一番動画編集に向いているとされています。

まとめ  

この記事では、動画編集を副業としてやる場合に必須のAdobe Premiere Proと、

編集のクォリティーをあげて、案件単価をあげてくれる3つのソフトを紹介しました。

全部のソフトを一気に買っても、金銭的にもきついですし、

すぐに全てのソフトを使いこなせるようになるのは難しいです。

なので、まずはメインのAdobe Premiere Proから初めて、徐々に他のソフトで編集のレベルを上げることをオススメします。

動画編集で月に5万稼ぐことができれば

毎月できることが増えて、日々が充実します

とってもお手軽にはじめられる、動画編集で副業収入を手に入れましょう!

合わせて読みたい記事