動画編集

【辛口評価】セカジョブ(旧FIVE G TOKYO)の評判を徹底解説

セカジョブ(旧FIVE G TOKYO)の特徴・カリキュラム・料金

セカジョブ 評判

セカジョブ(旧FIVE G TOKYO)の特徴は?

公式ホームページによると、セカジョブ(旧FIVE G TOKYO)は以下の人に向けた動画編集スクールです。

  • 動画編集を副業にしたいけどスキルがない
  • 動画編集スキルを身に付けて在宅で隙間時間に仕事したい。
  • 動画編集スキルの勉強に挫折した
  • Youtubeの編集を学びたい
  • 動画ソフトの使い方を学びたい

公式サイトを見ていると、セカジョブ(旧FIVE G TOKYO)さんが目指しているのは、

転職して動画編集をやるとかではなくて、

副業として動画編集をやりたい人を育てたいということがわかります。

それが一番大きく感じられる場所はどこかというと、名称が

「FIVE G TOKYO」から「セカジョブ VIDEO CREATOR COURSE」に

変わっているところです。

このことから、セカジョブ(旧FIVE G TOKYO)は副業で動画編集をしたい人に向けた、

動画編集スクールと言えます。

セカジョブ(旧FIVE G TOKYO)が動画編集を副業として勧める一番の理由は、

5G到来による動画マーケット拡大を予想しているからです。

セカジョブ(旧FIVE G TOKYO)さんのもう一つの特徴は、オンライン上で完結するところです。

やはり副業としてやることが前提なので、通学に時間をかけない仕組みになっています。

そしてもう一つの特徴は、動画編集だけではなく、お金についても学べるところです。

応用編では、副業に関する税務やお金回りを学ぶ

マネーリテラシー講座」もあると書かれています。

セカジョブ(旧FIVE G TOKYO)のカリキュラム

カリキュラムに関しては、短期コースか中期コースの2つがあります。

短期コースは3ヶ月、中期コースは6ヶ月で同じ量の学習をします。

時間があってコミットできる人は短期、ゆっくり学びたい方は中期、

都合に合わせて学べるようになっています。

学習内容は両コースとも以下の内容が学べます。

  • Premiere Pro
  • Photoshop
  • ダイジェスト動画
  • デザイン
  • マネーリテラシー講座
  • After Effects
  • Youtube
  • 動画広告
  • 案件獲得

この9つの学習内容を3つのステップに分けて、

3ヶ月または6ヶ月に振り分けて学習します。

公式サイトによると短期コースの場合は以下のような振り分けになります。

学習時間の目安は、

3ヶ月の短期コースで1日3時間。

6ヶ月の中期コースで1日1.5~2時間。

STEP1STEP2STEP3
4週間49回の動画で学習4週間34回の動画で学習4週間15回の動画で学習
Premiere Pro 基礎講座
Photoshop 基礎講座
Premiere Proでの動画制作(ビジネス系・Youtube)
Premiere Proでの動画制作(エンタメ系・Youtube)
Premiere Proでの動画制作(ダイジェスト動画)
After Effects 基礎講座
アニメーション 講座
動画広告講座(オーソドックス形式)
動画広告講座(モーショングラフィックス)
動画広告講座(タイポグラフィ)
デザイン講座

動画マーケティング講座
ビジネス基礎講座
マネーリテラシー講座
案件獲得講座

セカジョブ(旧FIVE G TOKYO)の料金は?

料金は、

  • 短期コース(税込)250,800円
  • 中期コース(税込)283,800円

セカジョブ(旧FIVE G TOKYO)では、一括支払いの他にクレジットでの分割払いも可能です。

  • 短期コース(税込)10,450円〜
  • 中期コース(税込)11,825円〜

セカジョブ(旧FIVE G TOKYO)の良い評判は?

セカジョブ(旧FIVE G TOKYO)の評判はさまざまな記事で紹介されていますが、

もっとも多かったのは以下の2つです。

  • 講師のレベルが高い
  • 講師が課題を添削してくれる

講師のレベルが高い

講師のレベルが高いという評判は割とどこを見ても書かれていました。

セカジョブ(旧FIVE G TOKYO)の講師は現役クリエイターが勤めています。

現役クリエイターというのは、

更新されていく技術にもキャッチアップされているので、最先端の教育ができます。

講師が課題を添削してくれる

2つ目に多かったのが、講師の課題添削についての良い評判でした。

セカジョブ(旧FIVE G TOKYO)では、出される課題を提出したときにフィードバックが

もらえるシステムがあります。

フィードバックをもらえることによって、生徒自身では気づけなかった点も改善できます。

セカジョブ(旧FIVE G TOKYO)の悪い評判は?

悪い評判はなかったのですが、セカジョブ(旧FIVE G TOKYO)の難点を一つ挙げるとすると、

値段が割と高いところです。

値段が高い

値段が高いというのは個人の考えにもよるのですが、

25万もするスクールは割と高い方なのではないかと思います。

ですが、動画編集スキルがしっかり身につけば元がとれるものなので、

自己投資だと思って払うのもありなのではないかと考えます。

セカジョブ(旧FIVE G TOKYO)を受講するメリットとは?

セカジョブ 受講

セカジョブ(旧FIVE G TOKYO)を受講する一番のメリットは高いのに、

マイナスの評価をする人がいないというところです。

値段が上がれば上がるほど、そのスクールに対するハードルも上がるのですが、

セカジョブ(旧FIVE G TOKYO)は25万という高額な値段設定をしっかりと無理なく、

こなしている印象が受けられます

おそらく、ここまで悪い評判が見つからないということは、受講生が少なくとも、

25万円以上は稼いでるということです。

自分の予算内であるのなら、ぜひセカジョブ(旧FIVE G TOKYO)を検討してみてはいかがでしょうか。

合わせて読みたい記事