動画編集

フリーランスは動画編集でいくら稼げるのか?年収・単価を徹底解説

副業が当たり前の時代。リモートワークも主流になり、いつでもどこでもできる仕事って夢がありますよね

動画編集もそんな仕事の一つ。

夢のある仕事もフリーランスとして独立するのは、決して簡単ではありません。

本記事では、フリーランスの動画編集は一体どれだけ稼ぐことができるのかを解説していきます

フリーランスの動画編集・単価と年収は?

動画編集 年収

フリーランスの動画編集はピンキリ

正直、フリーランスの動画編集の収入はピンキリです

新卒のような月15~20万の人もいれば、1本あたり15~20万の人もいます

そもそもフリーランスの稼ぎ方は特殊で、基本的に最初の収入は少なく、短期スパンで増える収入です

夢のある職業ですが「めちゃくちゃ稼げる!」といえるような仕事ではありません。

ただ、動画編集は高単価の案件が多いので、たくさん稼ぐのは大いに可能です

フリーランスの動画編集の年収と単価

まず参考に、日本人20代の平均年収は348万円。

求人ボックス.comによれば、会社員の動画編集者の平均年収は420万円です

一方、フリーランスの動画編集の年収と単価は

初心者の単価はよくて5000~10000円、月20本で15万、年収180万円です。

ただ初心者の年収180万というのは、あくまで単価を上げなかった場合の目安。

1年続けると単価を上げていくと思います。

スタート月15万/2か月月20万円(1本あたり1万円)/10か月だとすると、年収は230万になります。

継続していくうちに高案件を受けやすくなり、報酬が上がっていきます。

最初は少なくて心もとないかもしれませんが、フリーランスとして独立するのは十分に可能と言えるでしょう

フリーランスの動画編集で稼ぐ方法

動画編集 稼げる

量をこなす

力ずくですが、とにかく量をこなせば報酬が増えます。フリーランスの仕事は歩合制で、やればやるだけ報酬が増える制度です。

量をこなのは効率が悪く見えますが、メリットはあります。

量をこなせば経験が付き、単価を上げたり作業時間を短くしたりすれば、効率も良くなります。

たくさん稼いでいくための立派な手段でしょう。

しかし、せっかく家でできる仕事なのですから、余裕を持って取り組みたいところ。

その場合は高単価の案件を受注しましょう

高単価の案件を受注する

動画編集は10分の動画でも作業時間が3時間を超えることはざらです。素材の時間が長ければ、7~8時間ほどかかることもあります。

そのため安い案件ばかりでは、量をこなしても限界が必ず訪れます。

なので、報酬が高い案件を受注しましょう

高単価の案件では稼げる量が格段に変わります。

高単価の案件を受注できる1番の方法は、実績と評価を上げることです。高単価の案件は、実績が多いまたは評価が高い一定のラインを設けられています。

実績6回目以降であれば評価次第で、高単価の案件を受注することが可能です。

フリーランスになって動画編集の単価を上げるには?

交渉力を身につけて単価アップ

交渉力を身につけるのは、フリーランスが避けては通れない道です。

いくら低単価の案件を継続し続けていても、報酬アップにはつながりませんよね。

そこで交渉の出番です。

タイミングとしては、「契約を切ろうと思ったとき」もしくは「継続案件中、他に高単価案件のクライアント様がいたとき」です。

単価アップの交渉をするときは、以下のような例文でいいでしょう。

「他のクライアント様から同ジャンルで高単価の執筆依頼が来ております。私の作業量ではいただいている継続案件が難しくなりそうです。以前からご贔屓にしてくださっている〇〇様なので、単価さえあれば優先させて今後ともお付き合いしたいと思い連絡させていただきました。」

また、単価アップ有の案件は、事前に単価アップの条件を聞いておきましょう

稀に、単価アップの交渉を極端に嫌うクライアント様がいるので要注意です。

最悪の場合、それから発注されないようなこともあります。

作業スピードを上げる

1本当たりの作業時間の短縮も単価アップにつながります。

今まで1日1本7500円、月20本だった場合、月収は15万円でした。

しかし、それが1日2本7500円だと、月収は30万、年収360万円です

制作時間を短縮すれば、1本当たりの価値も変わってきます。

作業時間の短縮方法は誰でも簡単できるので試してみましょう。

いまの動画編集の作業時間を割り出してください。

作業はこの時間までと決め、作業にかかった時間をそれぞれ分けましょう。

スキルアップにつれ、着実に作業時間は早くなるので、効率よく仕事ができるようになります

1時間当たりの作業量が増えれば、必然的に時給換算の報酬額が上がるのは当然です。

スキルアップと作業効率を上げれば、必ず単価は上がっていきます。

作業効率が高いのはもはやスキルですので、高単価の案件も獲れるようになるでしょう

フリーランスの動画編集としてやっていくのは簡単ではありませんが、不可能ではありません。フリーランスは少ない収入から、徐々に上がっていくスタイルなので、会社員に慣れている方が不安になるのは当たり前です。

しかしながら、フリーランスの収入の伸び幅は、会社員よりも大きく変動する可能性があります。たくさん稼げる可能性は高いので、夢がある仕事なのは間違いないです。

参入障壁も低いので、挑戦するにはかなりおすすめの仕事です。

合わせて読みたい記事